化粧の時に鼻の毛穴のざらざらが目立つ!

角栓は、古い角質、皮脂、化粧品、ホコリが混ざり合ってでき、毛穴のつまりの原因になります。

 

皮脂の分泌が多いとこの角栓ができやすい状態になります。

 

角栓が硬くなってしまったまま放置していると、古い角質が出口をふさいで毛穴の中の汚れが溜まり続けて、押し広げられ、開き毛穴になってしまいます。

 

そして、ざらつき、酸化して黒くなった角栓が黒ずみやいちご鼻の原因になります。

 

◆なぜ毛穴の周りに古い角質が多いの?

表皮の一番下の基底層で作られる新しい細胞は、日々生まれています。

 

その細胞は順次、肌表面へと押し上げられて最終的に28日で寿命が尽きるようになっています。

 

◆ターンオーバーの時間は?

20代の健康な肌なら28日周期です。

 

28日かけて新しい細胞が角質細胞になり、最後は垢になって剥がれ落ち、下に押し上げられてきていた新しい細胞が表皮になります。

 

古くなって剥がれ落ちた角質は、肌の表面で皮脂や化粧品、ホコリと混ざり合って角栓になります。

 

角栓が毛穴に詰まったままになると、アクネ菌(ニキビ菌)が過剰に繁殖して、ニキビや吹き出物になります。


このページの先頭へ戻る