Tゾーンの毛穴について

顔の中で一番テカリが気になるのはTゾーン(おでこと鼻)ですね。

 

このTゾーンには顔の他の部分より7倍も毛穴があり、さらにその中でも脂腺性毛包という皮脂分泌が多い毛穴が多いのです。

 

そのために、皮脂分泌量が多いのです。

 

鼻には産毛も少ないので毛穴内部の皮脂が、産毛を伝って外に出られず、溜まりやすい原因になっています。

 

そして、毛穴に溜まった皮脂は、徐々に酸化して黒ずみに変化します。

 

ですから頬は乾燥しているのに、おでこや鼻は脂っぽくなったり黒ずみができたりするのです。

顔の中で一番皮脂量が多いのは鼻

顔の中で一番皮脂量が多いのは鼻であると言っても間違いではありません。

 

その中でも小鼻と呼ばれる鼻のわきの部分が皮脂がとても多い部分ですし、鼻の脇は洗顔するときも洗いやすい場所とは言えません。

 

なので黒ずみができやすい場所になるため、小鼻の毛穴の黒ずみが悩みという人は、男女をとわずとても多いのです。

 

また、皮脂にはお肌を外部の刺激から保護し、お肌の潤いを保つ役割もあります。

 

鼻の毛穴の汚れをゴシゴシと洗ったり、長時間の洗顔をすると、逆にひどくなります。

 

すでにそういう経験をしたか方もいらっしゃると思います。

 

鼻の毛穴は隠すわけにいかない部分なので、適切な毛穴ケアを大切にしてほしい部分なのです。

毛穴はなぜつまる?

毛穴の汚れ(角栓)は毛穴から浮き出るという特徴を持っています。

 

なので、詰まった箇所は肌が凸凹します。

 

白く角栓が詰まった「毛穴のつまり」の段階で適切な正しい毛穴ケアをしないと、毛穴の黒ずみやニキビなどの肌トラブルになります。

 

毛穴が詰まる原因にも色々ありますから、原因をきちんと理解して、毛穴のつまりの予防のためのスキンケアをしていきましょう。

 

◆強い肌への刺激は逆効果

洗顔やクレンジングでゴシゴシこすっていませんか。
そうしていると角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすい状態を作ります。

 

◆ターンオーバーの乱れは厳禁

紫外線などの肌ストレスや乾燥などによってターンオーバーが乱れると、角質が厚くなって詰まりやすくなります。

 

◆皮脂の過剰分泌は注意

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴のつまりの原因になります。
ホルモンのバランスなどに影響を受けますから、規則正しい生活、ストレスや疲労をためない、などに気をつけましょう。

健康関連リンク

本当に目薬で白内障を治せるのでしょうか?白内障でも患っている期間やタイプによってさまざまな要素が含まれていると思います。


このページの先頭へ戻る